キャンプギア

ソロストーブとそっくりストーブを徹底比較!ソロストーブに負けない二次燃焼の焚き火台3選!

スポンサーリンク

ソロストーブのレンジャーといえば、燃焼効率が良く、美しい二次燃焼が魅力の超人気ストーブ(焚き火台)です。
でもちょっとお高いんですよね…。

Harina
Harina

私もレンジャーが欲しい!!
ですが、焚き火台で3万超えはなかなか高価…

そこで、ソロストーブにそっくりな(類似品?模倣品?)を3つ、比較しながら検討していきます!
ソロストーブには手が出ないけど、二次燃焼の焚き火を楽しみたいという方など、参考になれば幸いです。

created by Rinker
Solo Stove(ソロ ストーブ)
¥36,300 (2022/05/14 07:31:28時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

私がソロストーブを欲しい理由!

私は現在、ユニフレームのファイアグリルを焚き火台として愛用しています。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥9,700 (2022/05/13 19:25:22時点 Amazon調べ-詳細)


非常に良い焚き火台ですが、我が家には向いていなかったようで、新たにソロストーブのレンジャーのような二次燃焼系のストーブを検討しています。

ソロストーブのレンジャー がほしい理由は3つ!!

火の粉が飛びづらい!

私は普通の焚き火台だと、風が吹いたときなど、テントの方に火の粉が飛ぶのが気になってしまって、焚き火をゆっくりと楽しむことができないんです。

Harina
Harina

焚き火してるときはいつもヒヤヒヤです笑
せっかくのテントに穴でも空いたら、楽しいキャンプも台無し。

その点、レンジャーであれば、燃焼部が筒状に覆われているので、爆ぜたりしても火の粉が飛びづらいようになっています。

出典:SOLO STOVE

煙が少ない!

夜に焚き火することが多い我が家は、焚き火の匂いが苦手で、焚き火の匂いが髪の毛などにつくと、寝るときにちょっと不快に感じています。

その点、 二次燃焼が得意なレンジャーであれば、 1次燃焼で出た煙を二次燃焼で燃やすので、出る煙が圧倒的に少ないので、焚き火の匂いもかなり軽減されます。

美しい二次燃焼を眺めたい!

二次燃焼の炎って本当に美しい!これを眺めながらゆっくりとしてみたい!

スポンサーリンク

比較対象はこの3つ!

レンジャーに形状は似ている以下の3製品を比較・検討していきます!

Field to Summit「フレイムストーブMAX」

ホームセンターのナフコからも同製品がありますが、こちらの製品が元のようです。
特徴は2万円以下で購入できるコスパの良さと、組み立て式で収納時の大きさが半分になるところです。

created by Rinker
Field to Summit
¥14,700 (2022/05/13 21:02:53時点 Amazon調べ-詳細)

waku fimac「ネイチャーストーブ ラージ」

圧倒的な価格の安さと、大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズ感が特徴です。
「waku fimac」というメーカーの詳細は不明ですが、低価格のアウトドアギアを販売している会社のようです。

VISIONPEAKS「SCキャンプファイア」

ヒマラヤのプライベートブランドのVISIONPEAKS (ビジョンピークス)から2021年11月に発売された二次燃焼ストーブです。
ビジョンピークスはコスパの優れた商品が多く、口コミでの評価も良いので安心感があります。
特徴は2万円以下で購入できるコスパの良さと、組み立て式で収納時の大きさが半分になるところです。

created by Rinker
visionpeaks (ビジョンピークス)
¥12,900 (2022/05/14 02:01:54時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

気になるサイズ感と価格の比較

キャンプで使うにあたり、以下の観点で比較を行いました。

  • 組み立てサイズ
  • 収納サイズ
  • 重量
  • 価格

比較表

形状は似ている4つですが、組み立てサイズ・収納サイズ・重量・価格の4点を比較してみました。

組み立てサイズ収納サイズ重量価格
Solo Stove「レンジャー」
高さ:31.75cm
直径:38.1cm
高さ:31.75cm
直径:38.1cm
6.8kg36,300円
Field to Summit
「フレイムストーブMAX」
高さ:40cm
直径:36cm
高さ:23.5cm
直径:36cm
5.26kg17,800円
waku fimac
「ネイチャーストーブ ラージ」
高さ:34cm
直径:33cm
高さ:35cm
直径:35cm
5kg12,980円
VISIONPEAKS
「SCキャンプファイア」
高さ:40cm
直径:37cm
高さ:24cm
直径:37cm
5.2kg19,900円

サイズの比較

大きさの違いのイメージです。

「ネイチャーストーブ ラージ」が少し小さめです。

Harina
Harina

個人的にはこのくらいの大きさがちょうど良いかなと思いました。

あまり大きくても薪の消費量が多いので。

収納サイズの比較

組み立て式で収納がコンパクトなのは、以下の2種です。

  • Field to Summit「フレイムストーブMAX」
  • VISIONPEAKS「SCキャンプファイア」

収納時には約半分近くの高さになります。キャンプ道具はコンパクトであるに越したことはないので、これは大きなメリットです!

Harina
Harina

レンジャーを使っている方のブログや口コミを見ると、収納サイズの大きさをデメリットとして上げている方が多いです。

ちなみに収納時の状態はこんな感じです。(SCキャンプファイア)

出典:VISIONPEAKS
Harina
Harina

収納すると約半分くらいの大きさなりますね!積載において、この差は大きいと思います!

重量の比較

ダントツに重いのが、レンジャー(6.8kg)
その他はほぼ変わらずで、約5kgほどです。

Harina
Harina

灰を捨てる際には、持ち上げることになりますが、レンジャーはなかなか大変そうです。

価格の比較

ダントツに高いのが、レンジャー(36,300円)。
waku fimac「ネイチャーストーブ ラージ」は最も安く、12,980円!
次点でField to Summit「フレイムストーブMAX」(17,800円)です。

VISIONPEAKS「SCキャンプファイア」は19,900円ですが、VISIONPEAKSは「ヒマラヤ」のメンバーズセールで15%OFFとなるので、その時期を狙えば16,915円となります!

Harina
Harina

メンバー登録しておくとメールでお知らせが来るので、セールを狙ってみるのも良いと思います!

スポンサーリンク

まとめ

キャンプに持って行く上で、重要である収納サイズや価格の面で比較を行ってみました。
気になるストーブはありましたか?

私は、VISIONPEAKSのSCキャンプファイアが気になっています!
収納がコンパクトであることが非常に良いと感じています。
また、VISIONPEAKSの製品を既にいくつか愛用しており、どれも品質・デザイン共に良い印象です!
なので、次回のヒマラヤメンバーズセールを狙ってみようかと思います!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました