キャンプギア

【DIY】パセコストーブを無骨で男前にカスタム!

スポンサーリンク

PASECO(パセコ)のCAMP-25をDIYで塗装して、無骨で男前に変身させてみたというお話です!

わがやでは、PASECO(パセコ)のCAMP-25を愛用しています。
高火力で、なんと言っても収納時にサイズが小型化できる点が魅力のストーブです。

そんなパセコストーブですが、トヨトミのギアミッション(KS-GE67)と比較検討されている方が多いかと思います。

暖房出力は同じくらいで、収納サイズはパセコに軍配が上がりますが、デザインは、ギアミッションが好きという方が多いのではないでしょうか?

Harina
Harina

私もギアミッションが好きです。めちゃくちゃかっこいいですよね!

ギアミッションは無骨なデザインです。
パセコがもっと無骨なデザインになれば最強じゃないですか?

本日は、パセコのCAMP-25を男前に変身させるべく簡単なDIYをしていきます!

スポンサーリンク

まずは分解!

部品を取り外します。
今回は簡単に取りはずしができる以下のパーツを塗装すべく取り外します。

持ち手

持ち手の取り付け穴の形に合わせてから抜きます。

ストーブガード

赤丸のヶ所で引っ掛かっているので取り外します。

2ヶ所の止まっているビスを外すだけです。

スポンサーリンク

塗装

早速塗装します!

今回使った塗料はこちらの耐熱塗料(マッドブラック)です。

それから、メッキの部品に塗装がのりやすいよう、プライマーを吹いて下地処理を行いました。

created by Rinker
アサヒペン(Asahipen)
¥1,081 (2022/05/13 23:13:47時点 Amazon調べ-詳細)

塗装後は、ストーブを点火して、焼き付けを行いました。

スポンサーリンク

完成!

塗装前
塗装後

塗装前と比べて、全体的に引き締まった印象になったと思いませんか?

ついでに最初から付いていたステッカー類も剥がしました。
これを剥がすだけでも結構印象変わります!

前回制作したストーブスタンドの上に乗せています。

Harina
Harina

いい感じ!

スポンサーリンク

まとめ

簡単なDIYで印象をガラッと変えることができました!
ストーブは割とサイトの中心にあり、目立つギアですので、ひと手間加えてあげて、サイトの印象を変えてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました